人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ロハス DE kaiza * 海坐


沖縄の玉城でロハスなくらしを目指しています。日々の暮らしと宿 kaiza海坐のことを紹介します。 ご予約・お問い合わせは E-mail: pajamsara@muf.biglobe.ne.jp
by pajamsara
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
リンク
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

自然が生んだ海の浄化システム

沖縄はまもなく海開き。
きれいな海を求めて、たくさんの観光客が沖縄に訪れます。
沖縄の海の透明度が高い理由に、黒潮の影響によりプランクトンなどの不純物が少ない。
サンゴの光合成が海水を浄化し、海水を循環させてくれていることがあげられます。
自然が生んだ海の浄化システム_d0100638_15002036.jpg
ここまでは意外とよく知られてはいますが、先日のNHKの番組で次のような事が言われてました、

琉球列島は東西に約1000キロ、南北に約400キロ、大小160の島があります。
何十万年、何百万年をかけて、隆起と沈降を繰り返して、いまの琉球列島が出来上がりました。
自然が生んだ海の浄化システム_d0100638_15010843.jpg
沖縄トラフもおよそ200万年前から現在にかけて、大陸地殻が分裂し、大きなさけ目が出来上がりました。

自然が生んだ海の浄化システム_d0100638_15014685.jpg
実は、この沖縄トラフの形成により、ユーラシア大陸からの土砂は沖縄の島々の近くまで流れて来なくなっています。
更にトラフの海底の亀裂が土砂をここで絡みとっているのです。
大陸からの黄砂、PM2.5は飛んで来ますが、水深2,000メートルの海底では、大陸からの砕屑物を取り除いてくれる事に驚くばかりです。
このように、いくつもの要因が重なって、エメラルドグリーンの海が生まれ保たれているのです。
まさに自然が造った大規模な浄化システムと言えると思います。

死んで砕けたサンゴはやがて白い砂となり、海の色をいっそう美しく、際立てさせています。
この美しい海を、孫の孫の、さらにその先の世代まで、大事に残していかねばなりませんね。


***************************************
シンプルだけど贅沢な時間
海坐 ~kaiza~

〒901-0604
沖縄県南城市玉城字玉城56-1
tel&fax 098-949-7755 
携帯   090-2849-1881

https://kaiza-okinawa.com

担当  中野  
***************************************



by pajamsara | 2022-03-07 15:02 | Comments(0)
<< 西表島 ピナイサーラの滝に行っ... ミラクルシティコザ >>