ロハス DE kaiza * 海坐


沖縄の玉城でロハスなくらしを目指しています。日々の暮らしと宿 kaiza海坐のことを紹介します。 ご予約・お問い合わせは E-mail: pajamsara@muf.biglobe.ne.jp
by pajamsara
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
リンク
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ちょっと変わったモノ達( 71 )


「やさしい生活工房」 コースター

先日、30年来の妹分夫婦がお泊りに来てくれました
昔話に花が咲き、懐かしさでいっぱいでした179.png
彼女は「やさしい生活工房」という桐製品を扱う会社に勤めていて、素敵なコースターセットをプレゼントしてくれました❗️
ありがとうー162.png
そして、なんと、この会社のロゴマークを彼女が作ったそうで、とっても可愛いロゴマークです174.png
早速ウェルカムドリンクのコースターで使わせていただきます♪
珪藻土だから吸水性がバツグンです106.png
d0100638_17440238.jpg
d0100638_17442984.jpg
d0100638_17443831.jpg


by pajamsara | 2017-07-06 17:48 | ちょっと変わったモノ達

空飛ぶゾウさん!

海坐のヤシの木の下で お客様をお出迎えしていた素焼きのゾウさん♪
d0100638_1541365.jpg


このたび、ちょっとしたご縁で スイスにお嫁に行くことになりました!!
d0100638_15425997.jpg


スイスからお越しのアントニオさんは画家でもあり、インテリア関係の仕事をしていて
自宅にゾウさんをぜひ飾りたい!との事で スイスに嫁ぐことになりました
ちょっと寂しい気持ちもしましたが・・・
アントニオさんのこの嬉しそうな顔を見たら(^-^)
何となく顔も似ているような〜
ご自宅の写真を見せてもらい これまたオシャレなおウチで(´・_・`)
彼女(ゾウさん)が幸せになるのであればということで。。

海坐に一週間滞在して、このあと京都に一週間、そして東京にまた一週間
のあと、スイスに帰るそうです♪

戻られたら写真を送っていただける事になっているので
とっても楽しみにしています(^-^)

ご予約・お問い合わせは
E-mail : pajamsara@muf.biglobe.ne.jp

又は、海坐ホームページよりお願いいたします
http://www.kaiza-okinawa.com/

シンプルだけど贅沢な時間 kaiza in 玉城

by pajamsara | 2013-05-21 15:43 | ちょっと変わったモノ達

海坐オリジナル手ぬぐい

待望の布絵作家 梅原龍さんと 紅型作家 縄トモコさんコラボの
海坐オリジナル手ぬぐいがやっと!完成しました
パネルも出来上がりました♪
d0100638_105395.jpg

縄さんがひとつひとつ手染めで仕上げた作品です
普段使いするにはもったいない感じです(*^^*)
カードスタンドは、Misaちゃんの作品♪

d0100638_1061461.jpg

パネルや額装にして、インテリアにいかがでしょうか
『シンプルだけど贅沢な時間』をコンセプトにしている海坐に
ぴったりのシンプル手ぬぐいです

大変申し訳ございませんが、数に限りがある為、海坐にご宿泊の方に限らせていただきます(>_<)




シンプルだけど贅沢な時間 kaiza in 玉城

ご予約・お問い合わせは E- mail :pajamsara@muf.biglobe.ne.jp
又は、海坐ホームページよりお願いいたします
http://www.kaiza-okinawa.com/

by pajamsara | 2013-03-12 10:07 | ちょっと変わったモノ達

読谷山焼陶器市

恒例の読谷山焼陶器市 今年も行ってきました!

d0100638_152928.jpg


d0100638_1530356.jpg
d0100638_15295069.jpg
d0100638_15293491.jpg


そして、昨日お泊りになったお客様や、 陶器市のあとお泊りになる常連さん
、知人ともばったり会い、ポカポカ陽気の陶器市 サイコーに楽しかった!

そのあと 友人たちとランチへ♪♪   つづく・・・

by pajamsara | 2012-12-17 15:32 | ちょっと変わったモノ達

龍巻

辰年の今年もまもなく終わり
久手堅窯にお願いしていた 龍巻の古酒甕が出来上がってきました♪
写真では分かりにくいですが 甕を3匹の龍が巻いています

登り窯で焼いた甕は惚れ惚れする出来上がりです(^O^)

d0100638_10555956.jpg

d0100638_10561942.jpg

d0100638_10562878.jpg

d0100638_1154658.jpg


美味しい古酒になるまで 取り敢えず10年ガマン
でも、それまで 待てるかなぁ・・・

by pajamsara | 2012-12-10 11:06 | ちょっと変わったモノ達

 アガベの花

台風にも負けず、ようやく咲いた♪ アガベの花
縁側の向かいに咲いています〜
d0100638_1547080.jpg

まるで巨大アスパラのようです
花が終われば、このアガベの株の一生が終わり
次の世代の株が育っていきます
d0100638_15474542.jpg

次は自分とばかりに 大株の周りには 子株がいっぱい
鉢植の観葉植物では こうは大きくはならないでしょう
野に帰した途端 野生ムキだしです
それにしても デカイ!


シンプルだけど贅沢な時間 kaiza in 玉城

ご予約・お問い合わせは E- mail :pajamsara@muf.biglobe.ne.jp
又は、海坐ホームページよりお願いいたします
http://www.kaiza-okinawa.com/

by pajamsara | 2012-11-13 15:49 | ちょっと変わったモノ達

タコの木に 花が咲きました♪

階段脇のタコの木に 花が咲きました♪
とっても花とは言えない 白いフワフワした代物で
最初は何かと思いました(#^.^#)
d0100638_1763798.jpg

花が咲くと言うことは 実が付くの??
d0100638_1765651.jpg

タコの木を植えるときに、
縦に伸びる種類ではなく 横に広がる種類を植えてもらい
実がなるものをお願いしました

ようやく今年実が付くのかな(^^♪
これでまたひとつ 思い描いている庭の形に 一歩近づくと思います♪


ご予約・お問い合わせは
E-mail : pajamsara@muf.biglobe.ne.jp

又は、海坐ホームページよりお願いいたします
http://www.kaiza-okinawa.com/

シンプルだけど贅沢な時間 kaiza in 玉城

by pajamsara | 2012-06-08 17:08 | ちょっと変わったモノ達

人知れず咲く花

人知れず咲いているサクララン 今年もたくさん咲きました
目立たない場所に咲いているので  ほとんどの方は気付きません

ツル性の植物で、岩にへばりつくように這っていきます
花が恥ずかしそうに下を向い咲いているので  なおさら人知れずの花です
ひとつひとつの花は小さめで 飴細工みたいです
「砂糖菓子のような花」とも言われています
どうぞ、この砂糖菓子のようなお花 探してみてください♪
咲いているのは階段のなかほど おどりばの大きな岩のところです(#^.^#)

d0100638_1027037.jpg




ご予約・お問い合わせは
E-mail : pajamsara@muf.biglobe.ne.jp

又は、海坐ホームページよりお願いいたします
http://www.kaiza-okinawa.com/

シンプルだけど贅沢な時間 kaiza in 玉城

by pajamsara | 2012-04-18 10:30 | ちょっと変わったモノ達

久手堅の龍

リピーターのお客様から 注文のお願いされていた一升壺を見に 
久手堅窯に行ってきました(^^♪
d0100638_956275.jpg

聖域である斎場御獄そばに 登り窯をかまえる
久手堅窯は その殆どが注文のみによる作陶です
おもにシーサーと古酒の甕を多く作っているそうですが
作品は一般市場にはほとんど出回わる事はないので 
観光客の方が 見ることはまず無いと思います
登り窯のため 数も限られるので 大変貴重な逸品といえます
泡盛古酒の愛好家の間では 言わずとしれた名窯です
d0100638_9562836.jpg

d0100638_957531.jpg

甕に彫られた龍は力強く まるで生きているかのようです
ここ数日で火入れし、窯出しはゴールデンウィーク前になるそうです
昨年から今年にかけて 晴天の日が極端に少なく
窯焚きが予定より大幅に遅れているそうです

今年は辰年なので 次回の窯焚きに、龍巻きの古酒甕をお願いしてきました(^^♪
もちろん、お客様の一升壺も出来上がりのいいのを 取っておいていただけるよう
忘れずに お願いしておきました

どうぞ、もうしばらくお待ちくださいね♪

by pajamsara | 2012-04-06 09:58 | ちょっと変わったモノ達

平屋に暮らす

『平屋に暮らす』

住宅環境が厳しい日本で平屋に暮らすというのは もはや憧れかもしれません
そんな憧れの『平屋に暮らす』が 誠文堂新光社から発売されました
平屋に住む住人の ライフスタイルやインテリアが参考になります

それも、この本に玉城の友人が4人も出てます^^♪ ぜひご覧ください〜


■家族の暮らしから設計の芽が育まれる
■人と人を繋ぐ場所
■キッチンを中心にした箱のような家
■思いどおりの住まいを自分の手で作る

d0100638_12393275.jpg


『平屋に暮らす』

誠文堂新光社 1995円

平屋という建築は、古民家というほど古くはないが、でも今の一般の住宅とは異なる独特な雰囲気を持つ家が多い。
また新しい家でもあえて平屋にという方も増えており、その佇まいそのものが愛されている。
本書は、全国各地から、選りすぐりの平屋にこだわった人々を取材し、平屋に対する思いと、こだわりの間取り、暮らしぶりやインテリアを紹介した。
平屋に暮らす20軒の家族を取材。平屋に対する思い、こだわり、暮らしぶりを紹介。

by pajamsara | 2012-03-17 12:40 | ちょっと変わったモノ達