ロハス DE kaiza * 海坐


沖縄の玉城でロハスなくらしを目指しています。日々の暮らしと宿 kaiza海坐のことを紹介します。 ご予約・お問い合わせは E-mail: pajamsara@muf.biglobe.ne.jp
by pajamsara
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
リンク
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

土のう袋で生ごみ堆肥作り

花野果村で行われた 「生ごみ堆肥のつくりかた」の講習会に参加してきました

土のう袋を使った、とても簡単な堆肥の作り方です
この方法だと、きりかえしも楽なので、女性でも楽にできそうです

まずは、堆肥のタネをつくります♪
米ぬか1に対して土が2      これを土のう袋に入れてよくまぜます
あくまでも通気性のいい 土のう袋ですよ^^;  ビニール袋じゃ ただ腐っちゃうだけです

袋の口をひねって 雨のかからいない場所に、レンガなどの上で1日おきます
袋の下にも空気が通るように注意します   空気にふれないと、腐ってしまいます

タネができたら米ぬかと生ごみをいれてよくまぜます
この時、土のう袋をよく振って混ぜ、空気を十分に入れるのがコツだそうです  

米ぬかは生ごみが「きなこもち」状になるくらいまぶします
あとは、袋の口をひねって、またレンガの上で1日おくだけです

袋がいっぱいになったら中身を畑や庭に戻して、また新しいタネをつくります
ただ、これだけです(^^)v        必要なのは土のう袋と米ぬかだけ
kiazaからでる生ごみはこの方法で堆肥にして、森のなかの果樹園で使うつもりです"^_^"
d0100638_190164.jpg

今回の 土のう袋を使った堆肥のつくり方は 
門田幸代さん著書の「生ごみ堆肥ですてきに土づくり」をテキストにしています
コンポストやEM菌、ミミズコンポスト等いろいろ試しましたが、恐らくこの方法が一番安価で簡単ではないかと思います

詳しく知りたい方は 主婦と生活社発行の 「生ごみ堆肥ですてきに土づくり」
をお読みください
      

シンプルだけど贅沢な時間 kaiza in 玉城

by pajamsara | 2008-05-29 19:01 | ロハス
<< うちなーぐち 雛が孵りました >>